2016年07月07日

【藤本会長がデビュー50周年】

会長1_2016.07.03.JPG 会長2_2016.07.03.JPG
7月3日後楽園ホールで開催されたMANUM41の後半戦の前に我らが藤本会長が新日本キックボクシング協会伊原代表より表彰されました。
藤本会長は、先月18日にデビューから50年経ったとのこと。あらためて藤本会長の偉大さを知ることとなりました。
ここで会長のプロフィールを紹介させていただきます。

■藤本 勲(フジモト イサオ)本名:藤本洋司
 1942年1月24日生まれ 山口県長門市出身
 山口県立山口水産高校卒(同校同窓会 水交会 東京支部長)
 1966年6月18日デビュー 1970年12月引退
 生涯戦績:51戦40勝(32KO)11敗(*引き分け試合なし)
 獲得タイトル:東洋ミドル級王座、日本ヘビー級初代王者
 受賞歴:日本プロスポーツ大賞 功労賞(1969年・1985年)続きを読む
posted by 管理人 at 17:04 | 会長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

【本年もよろしくお願い申し上げます。】

明けましておめでとうございます。

昨年は、当ジム看板選手の松本哉朗が引退致しました。
松本は、15年間に亘り日本ミドル級、日本ヘビー級の王座に君臨し、新日本キックボクシング協会のみならず、日本のキックボクシング界をけん引してきた選手の一人です。そんなキックボクシング界の一時代を築いた選手が引退することは、とても寂しいかぎりです。
それでも、後輩の勝次が念願の日本ライト級のチャンピオンになり、松本の引退式の日に初防衛を果たしたことは当ジムにとって朗報でした。
一方、日本フライ級と日本フェザー級のベルトはあけ渡す結果となってしまいました。
今年は、HIROYUKIが階級をあげて日本バンタム級のベルトを、内田雅之は引き続き日本フェザー級のベルトの奪還を目指します。
また、前ウェルター級王者の緑川創と元日本ライト級王者の石井達也は本場ムエタイに挑戦します。
よって、2016年の藤本ジムの目標は、「奪還、そして世界へ挑戦」です。

本年も相変わらぬご指導ご鞭撻のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

               2016年元旦 
               藤本ジム 会長 藤本 勲
posted by 管理人 at 22:30 | 会長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

【本年もよろしくお願い申し上げます。】

明けましておめでとうございます。

昨年も様々なことがあった一年でした。
石井宏樹の引退試合。緑川創、石井達也両王者のベルト返上。
HIROYUKIの日本フライ級王座獲得。
内田雅之の4度目の日本フェザー級王座防衛。
松本哉朗も日本ヘビー級王者として協会以外の選手と拳を交えました。

そんな中でもやはり石井宏樹が選手としてのキックボクシングに終止符を
打ち、引退したことはとても感慨深いことでした。
今後は後続の育成に力を注ぐ石井をこれからもよろしくお願いいたします。

藤本ジムもキック業界を牽引できるよう邁進したいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

                     2015年 元旦
                藤本ジム 会長 藤本 勲
posted by 管理人 at 16:28 | 会長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

【藤本ジム 2013年の指針は「防衛」そして「防御」】

皆様 明けましておめでとうございます。

昨年は、3月と9月に石井宏樹がラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王座を防衛することができました。一昨年の快挙から、タイ人以外では成し得なかったタイトル防衛を1度ならず2度も達成することができ、本当にすばらしい年になりました。
そして石井の活躍に呼応するかのようにヘビー級王者松本哉朗、ウェルター級王者緑川創、ライト級王者石井達也、フェザー級王者内田雅之と日本タイトルを保有する4階級のチャンピオンもそろってベルトを守りました。
彼らの血の滲むような努力はもちろんですが、関係各位のご尽力、そしてファンの皆様のご支援の賜物であります。ここにあらためまして感謝申し上げます。続きを読む
posted by 管理人 at 11:05 | 会長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

藤本ジム 2012年の指針は【防衛】

新年 明けましておめでとうございます。

昨年は、石井宏樹がムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王座を獲得することができました。
石井本人の悲願であり、私も目標としてきたことが達成でき、本当にすばらしい年になりました。
そして、その石井が8年間保有していた日本ライト級のベルトを、後輩である石井達也が奪還に成功し、当ジム選手会長の内田雅之は日本フェザー級の王座を獲得しました。また、日本ヘビー級王者の松本哉朗は、昨年の4試合すべてでKO勝ちを収め、日本ウェルター級王者の緑川創もタイトル防衛戦を含む4試合で全勝しました。現在、日本王者4人、ムエタイ王者1人と、タイトルホルダーが計5人となりました。
彼らの血の滲むような努力はもちろんですが、関係各位のご支援、ご尽力、そしてファンの皆様のご支援の賜物であります。ここにあらためまして感謝申し上げます。続きを読む
posted by 管理人 at 10:32 | 会長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする