2018年01月01日

【2018年の藤本ジムの指針は挑戦です】

明けましておめでとうございます。

昨年は、日本ライト級王者の勝次が、KnockOutライト級トーナメントに出場しました。
結果は、決勝戦で惜しくも負けてしまい初代王座獲得には至りませんでしたが、初戦、準決勝での壮絶なダウンの奪い合いからのKO勝利は、多くの格闘技ファンの心に残る試合になったと思います。
また、元日本ライト級王者の石井達也も昨年8月にWMCムエタイ世界スーパーライト級王座決定戦に挑みましたが、こちらもベルトを獲得することはできませんでした。
二人とも王座獲得はなりませんでしたが、このようなタフな挑戦を続けることで成長し、いずれ目標を達成することができると信じています。
今年も勝次、石井、前ウェルター級王者の緑川創、日本バンタム級王者のHIROYUKI、そして各階級のランカー選手達にも様々な挑戦が控えています。
その先鋒として今年の開幕戦 1月7日後楽園ホール【WINNERS2018 1st】に元フェザー級王者の内田雅之が出場します。内田はライト級に階級をあげてから2回目の試合になります。
ぜひ今年の藤本ジムの指針である【挑戦】を試合で感じてほしいと思います。

本年も相変わらぬご指導ご鞭撻のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

               平成30年 元旦 
               藤本ジム 会長 藤本 勲
posted by 管理人 at 14:53 | 会長あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする