2011年09月08日

石井宏樹がラジャスーパーライト級の王者決定戦に挑む

石井宏樹2_2011.09.04.jpg「17年間の集大成になります。10月2日ここ後楽園ホールで、歴史が変わる瞬間を見に来てください」石井宏樹が9月4日後楽園ホールで開催されたTITANSNEOSXのリング上で自身4度目となるムエタイの頂点に挑む決意をアピールした。
対戦相手はアピサックK.T.ジム。2年前に黒田ヒロアキ選手(J-NETWORKライト級王者)の額を縦ヒジで切ってTKO勝利を収めている。また今年8月のラジャダムナンスタジアムの試合ではヒジを相手のアゴに打ち込みKOしている。切るヒジと倒すヒジを使い分ける非常に厄介な相手のようだ。石井は、現在ラジャダムナンスタジアム認定ライト級6位にランクしており、スーパーライト級の王座が空位となったことをうけて、同級2位のアピサックと王座決定戦で闘うことになった。
今回、何が何でもムエタイのベルトを獲りたい石井はタイからスペシャルゲストを招いたのだ。そのゲストとは、なんとジャルンチャイ・ヂョー・ラチャダーゴン!。石井が2005年に初めてムエタイのベルトに挑戦した際の対戦相手で、現在はWBCムエタイライト級王者である。現役チャンピオンが日本に長期滞在しトレーナーを務めるほど石井のムエタイのベルトに対する熱意が伝わったのだろう。

ぜひ、皆さんには10月2日後楽園ホールで歴史が変わるその瞬間を体験してほしい。

ここで、応援の仕方のおさらい。ミドルキックや前蹴りなどの遠めからの攻撃には「オッオーイ!」。接近戦のヒジやヒザ、アッパーなどには短く「ティーッ!」と叫んでください。10月2日はみんなで後楽園ホールをラジャダムナンスタジアムにしちゃおう!
posted by 管理人 at 14:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする