2010年12月20日

12.18後楽園ホール【SOUL IN THE RINGVIII】内田雅之

内田1_10.12.18.JPG 内田2_10.12.18.JPG

第7試合 ◆59kg契約 3R
対戦相手:古河たすく(日本フェザー級5位/トーエル)
結果:判定勝ち(3-0) 内田3_10.12.18.JPG 内田4_10.12.18.JPG
内田5_10.12.18.JPG 内田6_10.12.18.JPG

【Toki’EYE】
1R
遠い間合いから左ミドル、前蹴りを中心にアウトボクシングで時折りパンチに繋ぐ内田の動きに古河はペースを掴めず蹴りやパンチの空振りが目立つ。終盤に内田のパンチからヒザ蹴りが古河のボディにクリーンヒットしダメージを与える。

2R
左の前蹴りと左ミドルで完全にペースを握る内田は左ハイも繰り出す。古河は力一杯のパンチを返すくらいしか出来ない。何発かは当たったが殆どかわし空を切る。左の攻撃でペースを握った内田は左の蹴りのフェイントからパンチの連打でたたみかける場面もあり古河をグラつかせる。

3R
左ミドルでペースを掴みながら右ローでダメージを与え、下に気を取らせたところで右のパンチを効果的に繰り出すと完全に内田のペースになる。組んでも古河を何度も転がし、接近戦でも古河を寄せ付けずワンサイドで試合をコントロールした。こういう試合をしていけばベルトはもう手を伸ばせば掴める位置である。
(鴇 捻之)*文中敬称略
posted by 管理人 at 14:31 | 2010年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする