2010年08月30日

8.29ディファ有明【BRAVE HEARTS14】佐藤仁志

佐藤1_10.08.29.jpg 佐藤2_10.08.29.jpg

第3試合 ◆53kg契約 2R
対戦相手:嵐(大分ジム)
結果:判定負け(1-2) 佐藤3_10.08.29.jpg 佐藤4_10.08.29.jpg

【Toki’sEYE】
1R
パンチに自信のある佐藤は左右のパンチで嵐を攻めるが、上背で勝る嵐は蹴りとパンチで接近戦を避ける。時折り出す右のハイキックが佐藤の頭を捕えるが致命的なダメージは与えられない。佐藤もパンチで嵐を追いかけるがクリーンヒットしない。

2R
佐藤はパンチだけではなく右ローも混ぜながらパンチも狙う。しかし2ラウンドしかない新人の試合は1ラウンドからローを蹴らなくては、気にしたりダウンしたりするほどのダメージはなく、パンチを狙うにも難しい。それに対してダメージには繋がっていないものの派手なハイキックを当てていた嵐の見栄えは良いが、前に出て攻撃する佐藤のラウンドを支配する優先権をジャッジが見れるのかどうか。。。結果2-1で嵐に判定は下る。

*他団体から入っていたジャッジ山根氏は的確に見れていたが、ジャッジ江刺家とナルンチョンはラウンドの優先権より派手なハイキックのみが印象に残ってしまったようだ。選手はみんな死に物狂いで毎日練習し減量して試合に備えているのだ。果たしてレフリーやジャッジはどのくらいの努力をして試合に備えているのだろうか?とても毎日ビデオを見たり試合を見たりして、勉強しているとは思えないが...。
(鴇 捻之)*文中敬称略
posted by 管理人 at 16:55 | 2010年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする