2010年07月26日

7.25後楽園ホール【MAGNUM23】石井宏樹

石井1_10.07.25.JPG 石井2_10.07.25.JPG

第12試合 セミファイナル◆63.5kg契約 日泰国際マッチ 5R
対戦相手:パーカーオ・クランセーンマハーサーラカーム
     (ラジャダムナンスタジアムライト級/泰国)
結果:KO負け(2R) 石井3_10.07.25.JPG 石井4_10.07.25.JPG
石井5_10.07.25.JPG 石井6_10.07.25.JPG

【Toki’sEYE】
1R
石井の右ローで幕を開ける。相手は左ミドルを単発ではあるが力強く蹴ってくる。しかし石井はミドルの引き足に合わせて右ローで後攻撃で攻める。そして左フック、左アッパーをヒットさせると相手も返しの左ヒジ、しかしさすがにこれは空を切る。良い滑り出しで1Rを終える。

2R
スピードでは数段石井の攻撃が上だが、パーカーオは焦る事もなく淡々と前にプレッシャーを掛けながら出てくる。石井は右の蹴りから右アッパー左フック、右肘と繋ぎ良いコンビネーションでKOも秒読み段階かと思われた。しかし2分過ぎパーカーオの左ヒザがボディを捕えるとパーカーオはどんどん前に出てきて、石井は後退を余儀なくされる。パーカーオは左ミドルから組んで右ヒジという攻撃をこのラウンド何度も狙っていたが、ついに石井の顔面を左ヒジが捕え石井はダウンしKOされてしまう。
後で解った事だが2分半くらいにパーカーオはの左ヒザによって石井は内臓(小腸)破裂していた。
試合後緊急入院し手術をした。(管理人注:8月2日に退院)
(鴇 捻之) 文中敬称略
posted by 管理人 at 13:32 | 2010年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする