2010年07月26日

7.25後楽園ホール【MASGNUM23】勝次

勝次1_10.07.25.JPG 勝次2_10.07.25.JPG

第7試合 ◆日本ライト級 3R
対戦相手:湯澤尚矢(日本ライト級7位/伊原道場)
結果:判定負け(0-2) 勝次3_10.07.25.JPG 勝次4_10.07.25.JPG
勝次5_10.07.25.JPG 勝次6_10.07.25.JPG

【Toki’sEYE】
1R
最近ランキングを上位まで上げてきた勝次が下位ランカーの湯澤を迎え撃つ。静かな立ち上がりで両者インローで様子をうかがう。勝次は様子を見ながら後攻撃で、湯澤に攻めさせその引き際にラッシュをかける戦法だ。一方湯澤も小さな攻撃で後攻撃をさせないように攻撃の引きを早くする。

2R
勝次は相手の攻撃をかわしては攻め、相手の動きをよく見ている。しかし見過ぎの感は否めない。だから湯澤は相手が来たら防御すればよいだけである。勝次の攻撃と防御がはっきりし過ぎている。しかし湯澤もこれと言って特徴のある攻撃はなく、勝次もノーダメージである。ラウンド終盤勝次が湯澤をコーナーに追い詰めヒットアンドウェーで攻撃している時、丁度勝次の出鼻を湯澤の右フックが捕え、勝次はダウンを取られる。ダメージはそれ程無いようで立ち上がって挽回しようとラッシュをかけるがゴングが鳴る。

3R
判定ではダウンを取らない限り勝ち目のない勝次はゴングと共に湯澤を追いかけ回す。右ストレートから左のパンチを返し右ミドルへとつなげる。湯澤も単発で返すのがやっとである。中盤にはパンチがクリーンヒットし湯澤が後退する場面も見られる。勝次の逆転勝ちなるかと思われたが湯澤も勝次の攻撃を凌ぎなんとか判定で金星をものにする。タイトル戦線から勝次は一歩後退してしまった。
(鴇 捻之) 文中敬称略
posted by 管理人 at 13:28 | 2010年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする