2010年05月17日

5.16後楽園ホール【FINAL武田幸三引退記念興行】緑川 創

緑川1_10.05.16.JPG  緑川2_10.05.16.JPG

第7試合 ◆68kg契約 日泰国際マッチ3R
対戦相手:サムランチャイ・96ピーナン
     ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級4位
     ルンピニースタジアム認定スーパーライト級6位
     タイ・プロムエタイ協会認定スーパーライト級3位
結果:判定負け 緑川3_10.05.16.JPG  緑川4_10.05.16.JPG
緑川5_10.05.16.JPG  緑川6_10.05.16.JPG

【Toki’EYE】
1R
緑川は、右ローとパンチで攻めに行く。サムランチャイは、防御中心に右ローと左右のミドルを単発に飛ばすくらいだが、膝のスナップを使って蹴るため早いし威力は抜群である。しかし緑川も蹴られた後、直ぐにパンチを返していくので、サムランチャイも不用意に攻撃だけするわけにはいかない。

2R
サムランチャイは緑川の攻撃パターンの読み切ったのか前に前に出てくる。右ローを中心に左右の腕を潰すような高めのミドルを蹴りながら、緑川が来るところを組んで転がすというパターンを繰り返す。緑川もたまに良いパンチは当たるが単発に終わってしまう。

3R
完全に緑川の動きを読んであらゆる攻撃で前に出てくるサムランチャイに成す術もない。まず遠目から前蹴り、左ミドルで弾いて入ってこようとすると右ミドル、右ロー、それを緑川も強引にパンチに行くとサムランチャイも前に出て組んで転がす。
攻撃のパンチや蹴りの種類だけではなく、間合いを変えた攻撃も上手く、サムランチャイの強さのみが目立つ試合だった。緑川は何か一つでも当たれば倒せるという攻撃が欲しい。そうすれば相手がいくら上手くてもポイントを獲られても最後の十秒まで試合を諦めずに戦えるだろう。

*文中敬称略(鴇 捻之)
posted by 管理人 at 11:19 | 2010年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする