2009年12月14日

12.13後楽園ホール【Soul in the Ring VII】石井宏樹

石井1_09.12.13.jpg  石井2_09.12.13.jpg

第13試合メインイベント ◆日泰63kg契約国際戦 5R
対戦相手:シークン・ロムシートーン(ルンピニー認定フェザー級1位)
結果:1R KO勝ち
*石井の連打からのボディでシークンがダウン

石井は、今年、タイ人ランカーを相手に3試合連続KO勝ちを含む4勝。 石井3_09.12.13.jpg  石井4_09.12.13.jpg
石井5_09.12.13.jpg  石井6_09.12.13.jpg

【Toki’EYE】 
対戦相手のタイ人の情報は全くなく、オーソドックスのタイのランカーという触れ込みだった。
1R
朝の計量では長身のシリークンだが軽々60kgアンダーでパスしていた。しかしリングに上がるとサウスポーに構えてどっしりしている。石井はインローから入り様子を見る。スタンスの広いシリークンにインローは入り易く石井は度々右のインローを叩きこむ。シリークンも左ミドルを単発で返してくる。ラウンドも終盤に差し掛かった時、石井はロープ際で右ヒジを二連打で顔面に持っていく、するとシリークンはガードを高く上げブロックする。しかし石井はこれを狙っていたのか、左右のボディー一閃。するとシリークンは堪らずダウンして石井のKO勝となる。
(鴇 捻之) *文中敬称略
posted by 管理人 at 11:30 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする