2009年12月14日

12.13後楽園ホール【Soul in the Ring VII】松本哉朗

松本1_09.12.13.jpg  松本2_09.12.13.jpg

第12試合メインイベント ◆日本ヘビー級タイトルマッチ 5R
対戦相手:嚴 士鎔(日本ヘビー級3位/伊原道場)
結果:2R TKO勝ち
*松本がヒジ打ちで嚴の額をカットし、ドクターストップ

松本がヘビー級王座防衛! 松本3_09.12.13.jpg  松本4_09.12.13.jpg
松本5_09.12.13.jpg  松本6_09.12.13.jpg

【Toki’EYE】
1R
タイトルマッチの挑戦者らしくゴングと同時に前に出てきてパンチを振るう嚴にお株を奪われた松本だが、そこはすぐに反撃に転じ、嚴が3発打つ間に松本は4発パンチを返している。ミドル級時代と変わらないパンチの速さだ。しかもアッパー、フック、ストレートとコンビネーションの種類も豊富なチャンピオンの松本に嚴はなす術もない。
2R
ゴングを待ちきれない二人は、中央に歩み寄りゴングを待つ。ゴングが鳴ると即打ち合いになるが、松本のパンチの回転の速さとストレート、アッパー、フック、ノーモーションストレートといった種類に嚴はついてこれない。松本のワンツーが入ると嚴がグラつく。すると松本は走りこんで飛び膝を出すがこれは不発する。しかしヘビー級が飛ぶと迫力である。ラウンド中盤には松本のフリッカージャブも出てくる。そして間合いを見て松本が右ひじ一閃、会場に「ピシャッ」と音が鳴り響くと嚴のおでこに深い傷が出来ている。これには松本も右ひじで観客にアピール。ドクターがひと目見てストップに。松本快勝の一撃だった。
(鴇 捻之) *文中敬称略
posted by 管理人 at 11:22 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする