2009年12月14日

12.13後楽園ホール【Soul in the Ring VII】勝 次

勝次1_09.12.13.jpg  勝次2_09.12.13.jpg

第8試合 ◆日本ライト級 3R
対戦相手:平野一誠(日本ライト級3位/トーエル)
結果:判定勝ち(3-0)
*3R平野にダウンあり 勝次3_09.12.13.jpg  勝次4_09.12.13.jpg
勝次5_09.12.13.jpg  勝次6_09.12.13.jpg

【Toki’EYE】
1R
勝次は相手をよく見て後攻撃に徹する、すると平野はやり難いのか手数も少なく慎重になる。ラウンド後半にパンチのラッシュをかけ平野をコーナーに釘ずけにする場面も。
2R
終始後攻撃で相手を翻弄する勝次に平野は自分のペースに乗れない。後攻撃には肉体的なダメージと精神的ダメージを与える効果がある。自分が攻撃に行って、それをかわされたという精神的なマイナスと更に攻撃され肉体的なダメージの相乗効果である。これによって先に仕掛ける側は、攻撃する時にかわされないように、ダメージを喰わない様にと、タイミングや距離を読まなければいけない為、攻撃の手数が減るのである。
3R
勝次の後攻撃に手を焼き躊躇する平野に追撃の遠目からの顔面前蹴りが効果的にヒットする。こうなると完全に勝次ペースとなる。この日勝次の一番の良かった事は体の軸がぶれない事、上半身をスウェーやダッキングしている時は下半身が安定し、蹴りに行った時は上半身がぶれず安定している。さらに相手の動きをしっかり見てパンチを出すので平野はかわす事が出来ずにダウンを獲られる。この動きがいつも出来ていればタイトルマッチをしても勝てるだろう。
(鴇 捻之) *文中敬称略
posted by 管理人 at 11:13 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする