2009年12月14日

12.13後楽園ホール【Soul in the Ring VII】内田雅之

内田1_09.12.13.jpg 内田2_09.12.13.jpg

第7試合 ◆日本フェザー級 3R
対戦相手:田中義人(日本フェザー級5位/伊原道場)
結果:ドロー 内田3_09.12.13.jpg 内田4_09.12.13.jpg
内田5_09.12.13.jpg 内田6_09.12.13.jpg

【Toki’EYE】
1R
前蹴りやパンチ、ローと多彩に攻める内田に対し田中はパンチと右ローを中心に攻めるが、お互いにこれといった決め手やポイントは無くイーブン。
2R
前蹴りや首相撲と所々で上手さを見せる内田だが日本のジャッジ基準では上手さは加味されず芸術点という概念は無視される。反対に田中のように単純にパンチとローという方がレベルの低いジャッジには解りやすのかもしれない。ムエタイではないがムエタイなら間違いなく10-9である。
3R
前に出てパンチを主体にくる田中に内田は後退を余儀なくされる。しかし、ただ下がっているのではなく攻撃しながらであるが、当然ジャッジには圧力で押され後退しているように見えるだろう。ただ内田も立ち位置が悪いので右のパンチを時々食っている。全体的な流れでは内田なのだが、ジャッジ一人は逆の田中を支持している...。正直いってこのジャッジは勉強しなおすか自主退職してもらいたい。
(鴇 捻之) *文中敬称略
posted by 管理人 at 11:10 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする