2009年06月01日

5.31後楽園ホール【BRAVEHEARTS11】松本哉朗

松本1_09.05.31.JPG 松本2_09.05.31.JPG

第10試合メインイベント ◆日本ヘビー級王座決定トーナメント決勝 5R
対戦相手:柴田春樹(日本ヘビー級3位/ビクトリー)
結果:3R KO勝ち(左フック)
日本ヘビー級王座獲得! 松本3_09.05.31.JPG 松本4_09.05.31.JPG
松本5_09.05.31.JPG 松本6_09.05.31.JPG

【Toki'sEYE】
1R
ヘビー級に転向してもスピードとパワーは衰えない松本は食事も制限なしでフルパワー全開!左のミドルをボディにクリーンヒット。左は何発も当たっている。続いて中盤には右のロングフックで柴田をグラつかせる。一方柴田も反撃に出たいところだが松本の後手に回りリズムに乗る事が出来ない。

2R
松本の左ミドルが冴えわたる。何発も当たりボディも徐々に効き始める。それに対して柴田の蹴りやパンチは空振りすることが多い。これは左の踏み込みが無い為で、攻撃の範囲も短く威力も軽くなってしまう。当たらない時はどうして当たらないのか考えるべきである。距離が届かないのであれば長く踏み込むか2ステップで攻撃すべきであろう。松本はキャリアも長いしセコンドの声は聞き逃さない能力を持っている。
終盤松本が柴田をコーナーに詰め猛ラッシュをかけるが柴田はかろうじて逃げきる。

3R
ポイントで上回る松本は水を得た魚のようで色々な攻撃で柴田に攻め入るが、柴田はパンチも蹴りも単発で当たっても外れてもそれで終わりだが、松本は矢継ぎ早に蹴りからパンチ、パンチから蹴りへと繋ぎダメージを与えていく。ここという処を見逃さずパンチの連打で柴田を仕留めベビー級王者となり二階級を制する。
(鴇 捻之)*文中敬称略
posted by 管理人 at 17:55 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする