2009年06月01日

5.31後楽園ホール【BRAVEHEARTS11】石井達也

達也1_09.05.31.JPG 達也2_09.05.31.JPG

第8試合 ◆ライト級 3R
対戦相手:松本芳道(日本ライト級2位/八景)
結果:判定勝ち(2-0) 達也3_09.05.31.JPG 達也4_09.05.31.JPG
達也5_09.05.31.JPG 達也6_09.05.31.JPG

【Toki'sEYE】
1R
最近、成長著しい八景ジムの松本とランキング上位に定着している石井との試合は静かな立ち上がりを見せる。
いつもはオーソドックスに構えている松本はこの日はなぜかサウスポースタイルである。これには石井も少し戸惑った様子で、松本のノーモーションの右の蹴りを何発ももらってしまう。
終盤には、松本が右の構えからパンチの連打をするとこれが石井の顎を捕え、よろめいたところにラッシュをかけられるが石井も何とか持ちこたえピンチを凌ぐ。

2R
このラウンドに入ってもサウスポーの松本だが、サウスポー同士の距離感が悪いのか石井の蹴りやパンチを先にもらってしまい、攻撃が当たらない。石井にはキャリアがあるため細かい攻撃や防御で松本の攻撃を未然に防いでいる。例えば相手が強く打とうとする前に早いパンチや蹴りで先手を打ったり、相手の蹴り足を掴んで軸足払いやパンチに行ったりと、倒す攻撃ではないが、相手がやりづらくなる様な精神的な攻撃だ。

3R
石井のペースにはまっている松本はオーソドックスに戻っての最終ラウンド。打ち合いになるとやはり精度で上回る石井のパンチが3、4発目が当たって、松本のパンチは空を切る。松本ももう少し蹴りをダシに使ってパンチに行くとか、技のバリエーションが欲しいところだ。石井は自分のリズムに乗って攻撃しているが最後は両者足を止めての打ち合いになる。

判定で石井が勝ちとなる。勝利は妥当であるが判定のジャッジで石井が1Rあれだけグラついたにも拘らずジャッジの一人は石井にフルマークである…?もっとしっかりジャッジをやってもらいたい。
(鴇 捻之)*文中敬称略
posted by 管理人 at 17:51 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする