2009年02月23日

2.22ディファ有明【ATTACK10】内田雅之

内田01_09.02.22.jpg 内田02_09.02.22.jpg

第13試合 セミファイナル ◆日本フェザー級 3R
対戦相手:菊地大介(日本フェザー級5位/伊原稲城)
結果:判定負け(1-2) 内田03_09.02.22.jpg 内田04_09.02.22.jpg
内田05_09.02.22.jpg 内田06_09.02.22.jpg

【Toki’EYE】
1R
フェザー級チャンピオン菊地剛介の双子の兄、大介は容姿も動きもそっくりである。内田はいつかは対戦するであろう菊地剛介との対決を想定し、この試合は落とせない一戦だ。序盤打ち合いでは内田と互角の菊地だったが終盤には前蹴りや首相撲で転がされたりと、やや内田ペースとなる。

2R
ヒット&ウェーでは互角の二人だが、組んだ後には内田が菊地の体を上手くコントロールし、崩したり転がしたりとやや内田ペースになる。菊地も悪くはないが決め手というか、どこかに攻撃を集中させダメージを蓄積させる攻撃がない。終盤には内田の左フックがクリーンヒットし、そのあと首相撲で菊地を転がす。

3R
お互いノーダメージで菊地がパンチで内田が蹴りとパンチを上手く使うという展開になる。やや内田ペースで進むがポイントになるまではいかないくらいか。菊地は前に出てはいるがクリーンヒットがない。終始同じ展開で試合が終わるが、判定を聞いてびっくりである。判定で菊地が上がる。
※ハッキリ言って30-28で菊地に付けたジャッジの富沢、深瀬の両人は何を基準に付ければこのような採点になるのか聞きたい。ジャッジ江刺家の採点は妥当である。このようなジャッジを続けていけば選手どころか応援に来て下さるお客さんに失礼である。タイでこのような採点が出ればジャッジの二人は間違いなくスタジアムから無事では帰れない。
(鴇 捻之) *文中敬称略
posted by 管理人 at 13:47 | 2009年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする