2008年12月15日

12.14【Soul in the Ring VI】石井達也

石井(達)1_08.12.14.jpg 石井(達)2_08.12.14.jpg

第13試合 メインイベント◆日本ライト級タイトルマッチ 5R
対戦相手:朴 龍(日本ライト級王者/市原)
結果:判定負け(0-3) 石井(達)3_08.12.14.jpg 石井(達)4_08.12.14.jpg
石井(達)5_08.12.14.jpg 石井(達)6_08.12.14.jpg

【Toki'sEYE】
1R
石井は今日がタイトルに初挑戦だが落ち着いてよく見ながらノーモーションでパンチや左ミドルを蹴っていく。朴もパンチと右のインローで攻めるがこのラウンドはお互い様子見で特に激しい打ち合いはない。
2R
このラウンドも石井は朴の動きをよく見ながら矢継ぎ早にパンチを繰り出す。これに焦りの見える朴はパンチを大振りしてくるが石井に見切られる。中盤石井が左ストレートに行って足が流れた時に朴のパンチが当たりダウンする。これはノーダメージだが運は朴に味方した。この後も石井は立て直しカウンターの膝やパンチをコツコツと当てていく。
3R
石井は朴の動きをよく見て動いているのでダメージにつながる攻撃は貰わないが、石井の攻撃も当たってはいる割にこれもメリハリに欠けダメージは無い。ただ流れ的には石井がコントロールしている試合なのでこれに一発の重い攻撃が入れば倒す事もできるだろう。終盤石井の左ストレートに朴は後退したので一気に攻めようと前に出るがここでレフリーが止めに入る??? 何の為に止めたのか?朴を助けようとして止めたのか、または明らかなミスを犯したのかのどちらかでしかない。石井は決定的なチャンスをレフリーに阻止された。
4R
流れ的には変わらないがやや朴がパンチを多くして出てくるが、攻撃の的が絞れていないのでダメージを与えられない。石井も同じでストレートやフックは当たっているが倒そうというよりはポイントを取るようなパンチで迫力がない。それなので朴はパンチをもらっているがそれほど焦ってはいない。両者的を絞り集中的に攻撃をした方が倒せるし、他に隙も出るのだが。
5R
このラウンドは共に手数足数が多く白熱した戦いを繰り広げる。序盤レフリーがストップしたあと石井のヒジが入り両者はさらにエキサイト。終盤には足を止めて打ち合いになるが決め手の無いままゴング。しかしフルラウンドを通して石井が取ったラウンドは2ラウンドは合ったにもかかわらずジャッジの一人は朴にフルマーク...?。ジャッジの資格と審判部の器量がうかがい知れる。
(鴇 捻之)文中敬称略
posted by 管理人 at 13:46 | 2008年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする