2008年11月17日

11.16ディファ有明【ATTACK9】林 元樹

林1_08.11.16.jpg  林2_08.11.16.jpg

第6試合 ◆日本ウェルター級 3R
対戦相手:後藤貴志(トーエル)
結果:判定負け 林3_08.11.16.jpg  林4_08.11.16.jpg
林5_08.11.16.jpg  林6_08.11.16.jpg

【クルクルEYE’S】
またも身長差のある対戦に、林の”一撃”は不発。判定負けに終わる。
そんな林くんに対する、街角アンケートを行いました。

関係者Aさん:
「まず、ローキックをきちんとカットするべきだろう。ローを蹴られ、先手を取られ後手にまわってしまう。相手の攻撃をきちんと捌き反撃する。又、ローを捨てパンチを合わようとしていたようだが決まらない。       リーチがない為とどかないのだ。今後、素早い踏み込みとディフェンス面の強化が必要だろう。」

雑誌記者Nさん:
「今回は単発ではなく、パンチの連打に重点を置いていたのではないでしょうか。が、パンチの引きが遅いために回転の速い連打が出来ないのです。今後はハンドスピードの強化も課題ですね。」

キックファン御手洗さん:
「いっそ、思い切ったスタイル・チェンジしてみてはどうだろう」
「”一撃 林”を封印し、ハイキックが得意な ”クイックリーキッカーハヤシ”
組んだら離さない ”首相撲膝蹴り地獄鬼林”
サウスポーで足を使って相手に触れさせない”左構えの憎い奴林”
ノブ・ハヤシ のような ”ハヤシ”などなど。」

某道場練習生トオルくん:
「いやいや、林さんの一撃はスゴイっすよ。ぜひ又、一撃炸裂させてほしぃっす。」

ジャック・バウアー:
「両手をあげろぉ〜。両手をあげてカットしろぉ〜。」
            
姫ちゃん:
「キョ〜ミ無い とか言わないのぉ〜。ハヤシさんガンバッテ〜。オーエンしてま〜す。とか言ってぇ〜。」
(楠 肇)
posted by 管理人 at 13:28 | 2008年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする