2007年12月10日

2007.12.9後楽園ホール【Soul in the RingV】松本哉朗

松本1_2007.12.9.JPG  松本2_2007.12.9.JPG

第12試合セミファイナル◆日・泰国際戦 72.6kg契約 5R
対戦相手:ゲンナロン・ウィラサクレック(M-1ウェルター級王者/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
結果:TKO負け(2Rにゲンナロンのヒジで松本が目の下を切ってドクターストップ) 松本3_2007.12.9.jpg  松本4_2007.12.9.jpg
松本5_2007.12.9.jpg  松本6_2007.12.9.jpg

【Toki's EYE】
1R
この日、松本は本調子ではなかった。というのも試合の一週間前の練習で右手の甲を骨折してしまったのだ。それをおしての試合に不安視されていたが、ゴングが鳴って払拭された。右の素早い連打のローや左ミドルの連打はゲンナロンの蹴りを上回る速さだった。しかし、やはりパンチの選手がパンチを使え ないというのは無理がある。ゲンナロンを後退させてパンチで詰めたい所だが、ジャブに留まったりと自分のペースに持ち込めない。ゲンナロンは単発だか相手を良く見て隙間を突いて来る攻撃でゆっくりとした立ち上がり。
2R
ゴングがなる前からコーナーを出て行く松本は身体の調子はいい様だ。早い蹴りでゲンナロンを入れさせず左フックを狙う。時々手が痛いなら右のヒ ジとばかりに右ヒジを使う。当たりは今一だがタイミング的にはいい感じで振っていくので、距離感さえあえば一発で切れるだろう。ゲンナロンも右の変則的なパンチとヒジが得意なので、松本もそれに注意しながら試合を進めていた時、レフリーのブレイクと同時にゲンナロンの左縦ヒジが松本の右目に炸裂!ドクター のチェックが入りTKOに...。今更ながら右手が負傷しなかったなら展開はかなり変わっていた筈だ。
鴇 稔之(文中敬称略)
posted by 管理人 at 17:48 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする