2007年12月10日

2007.12.9後楽園ホール【Soul in the RingV】内田雅之

内田1_2007.12.9.JPG  内田2_2007.12.9.jpg

第7試合◆日本フェザー級 3R
対戦相手:銀 次(M-1フェザー級/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
結果:判定勝ち(3-0)
1R 右フックで内田がダウン
2R 右フックで銀次がダウン
3R 右フックで銀次がダウン
3R バックブローで内田がダウン
3R 右ミドルキックで銀次がダウン 内田3_2007.12.9.jpg  内田4_2007.12.9.jpg
内田5_2007.12.9.jpg  内田6_2007.12.9.jpg

【Toki's EYE】
1R
前蹴りとローを中心に攻撃を組み立てている内田は順調な滑り出しで、無敗同士の銀次を攻める。しかしラウンド終盤に蹴り足を取られ片足になった時パンチを打たれダウン。バランスを崩して倒れただけでダメージはさほど無い。
2R
序盤内田の右ハイキックにグラつく銀次。すぐさま内田のパンチラッシュに敢え無くダウンする。これで前ラウンドのダウンを取り返した。お互い団体やジムの意地を賭けた試合は白熱する。その後も両者足を止めての打ち合いに場内は沸く。
3R
開始早々の打ち合いで内田の右パンチが顎にヒットしダウンする銀次。しかし立ち上がりまたしても打ち合いに、銀次のバックハンドブローに今度は 内田がヨロめく。しかし体勢を立て直した内田がワンツーをヒットする。だが直後に銀次のバックブローがまたしても内田にヒットし内田はヒザを着きダウ ンを宣告される。ダメージは浅い内田は、追い上げようとパンチから右ミドルを蹴ると、今度はバランスを崩し銀次が倒れる。割って入るレフリーは立ち上がりの遅い銀次にダメージと見てダウンを宣告。両者ダウンの応酬に超盛上る観客!熱い戦いを制したのは内田だ。両者意地とプライドをかけた試合は観客を魅了した。
鴇 稔之(文中敬称略)
posted by 管理人 at 17:39 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする