2007年12月10日

2007.12.9後楽園ホール【Soul in the RingV】緑川 創

緑川1_2007.12.9.JPG  緑川2_2007.12.9.JPG


第6試合◆日本ウェルター級 3R
対戦相手:藤田ゼン(日本ウェルター級8位/横須賀太賀)
結果:ドロー(1-0) 緑川3_2007.12.9.jpg  緑川4_2007.12.9.jpg
緑川5_2007.12.9.jpg  緑川6_2007.12.9.jpg

【Toki's EYE】
1R
お互いに右ローを中心に攻撃を組み立てているが、緑川は左フックと右ストレートを散らし、藤田はローを中心に当たりそうな所にパンチや蹴り、ヒザと振り分けて攻撃する。
2R
お互いローはよく当たっているが深いダメージには至らない。ここまでよく当たるなら腰を入れて脛をぶつける様にして蹴れば、一発でダメージを与 える事が出来るだろう。中盤に緑川はパンチのラッシュで仕掛けるが、相手は後退はするもののクリーンヒットはしない。藤田も常にガードをあげ前に出てくるので、どうしても相手とくっ付いてしまう。この時緑川はいつも手を相手の首に巻きつけてしまうので、背面にヒザを入れられ易いし、まず自分がヒザを蹴れる体制にならない。
3R
常に前に出て来る藤田に対して攻撃しづらい緑川は、攻撃の距離が詰まりパワーを殺されてしまう。もう少しアッパーや縦ヒジでガードの隙間をついてからフック等を使うべきであろう。藤田も距離を殺して接近戦に持ち込むが、接近戦の攻撃力に欠けダメージを与えられない。
鴇 稔之(文中敬称略)
posted by 管理人 at 17:31 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする