2007年10月22日

2007.10.21後楽園ホール【MAGNUM15】勝次

勝次1_07.10.21.JPG  勝次2_07.10.21.JPG

第2試合◆日本ライト級 2R
対戦相手:金子太郎(日本ライト級/治政館)
結果:ドロー(勝次1-0) 勝次3_07.10.21.JPG  勝次4_07.10.21.JPG

1R 長身の勝次は遠目の間合いから攻撃したいところだが、金子は間合いを詰めて前に前に出て来るので組み付いてしまう場面が多い。しかしブレーク後の遠い間合いから勝次の顔面前蹴りがヒット(写真2)。そして打ち合いになったところでヒジが当たったのか金子が目じりをカットする。このラウンドは僅差で勝次が有利だ。
2R 互いに手数は出しているが、くっついてしまい後半はしどろもどろな展開が続く。決め技が無いためこのような展開になってしまうのだろう。前から何度も言うようだか新人は色々な技を覚える必要は無いのだ。最初一つの技を繰り返し練習し、どんな相手にもその技が通用するように、そして「あいつのあの技には注意しろ」と言われるようになって欲しい。やや有利に勝次が試合を進めたが1ポイントまで届かずドロー。
(楠 肇) *文中敬称略
posted by 管理人 at 11:59 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする