2007年09月03日

07.09.02【BRAVE HEARTS6】正木和也 2度目のタイトル防衛!

正木1_07.09.02.jpg 正木2_07.09.02.jpg

第15試合メインイベント◆日本ウェルター級タイトルマッチ5R
対戦相手:SHING(日本ウェルター級2位/治政館)
結果:KO勝ち 1R1分40秒(右ストレート、右フック、連打で3ダウン)
【タイトル防衛】 正木3_07.09.02.jpg 正木4_07.09.02.jpg
正木5_07.09.02.jpg 正木6_07.09.02.jpg

【楠 肇のグルグルEye's】
「今回は、打ち合いません。」
試合前、チャンピオン正木和也はぼそりと言った。その言葉通り、一発で決めてしまった。

重心低くかまえ、プレッシャーをかけながら、前に出て来るSHING。
左に回りながら、軽く牽制する王者正木。少し硬くなっているかと思った瞬間、炎の右ストレート一閃。マットに沈むSHING。立ち上がるも、目がいっちゃってる。
あとはチャンピオンやりたい放題。簡単に料理してしまう。
しかし、これほど見事なダウンシーンは見た事が無い。
(いや、あった。我らが鴇さんである。十何年前、韓国人を何もさせず、一発KOしてしまったのだ。)
このような内容で、タイトル防衛を果たした事により、王者として、より自信をつけた事であろう。なお一層精進し、世界に轟く名王者となってほしい。

派手なKOシーンも無く、変な判定、消化不良気味の試合が多い時こそ、チャンピオンがメインイベントを豪快に締めくくる。来場されたお客様も、関係者も納得し、興奮冷めやらぬまま、会場を後にできるでしょう。
私もその夜、とびきり上等な、お気に入りのワインを開けた。

(楠 肇) *文中敬称略
posted by 管理人 at 14:59 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする