2007年07月23日

2007.07.22【MAGNUM14】松本哉朗 5度目のタイトル防衛!

松本1_07.07.22.jpg 松本2_07.07.22.jpg

第10試合メインイベント◆日本ミドル級タイトルマッチ5R
対戦相手:後藤龍治(IMFスーパーウェルター級王者/伊原道場)
結果:ドロー(1R、左フックで後藤選手にダウンあり)
【タイトル防衛】 松本3_07.07.22.jpg 松本4_07.07.22.jpg
松本5_07.07.22.jpg 松本6_07.07.22.jpg
松本7_07.07.22.jpg 松本8_07.07.22.jpg

【Toki’sEYE】
松本は試合1ヶ月前に左足薬指を骨折し(練習中に相手のヒジに当り骨折)タイトルマッチ前に満足な練習は出来なかった。ランニングも試合前一週間になり走れるようになった。

1R
松本の右ローキックから試合は始まる。後藤選手も直ぐにパンチを返してくる。そして右ローに繋ぎロー攻撃を組み立ててくる模様である。一発では松本が上だが今日の後藤選手は調子が良さそうである。松本もパンチを繰り出すが左足に体重を掛けきれない為パンチが浮き、軽くなってしまう。

2R
序盤、松本の右ストレートがクリーンヒットすると後藤選手も直ぐに右アッパーを返してくる一進一退の攻防が続くと2分過ぎ後藤選手がパンチで詰めようとした所に松本左フックが顎の先端にヒットし後藤選手はたまらずダウン。立ち上がった所へ松本が飛びヒザの追撃だがこれは不発し、パンチのラッシュでKOを狙うもゴングに阻まれる。

3R
前半は松本が多彩なパンチで攻めるが後藤選手はこれをじっと我慢しこつこつと右ローを蹴る。2分も過ぎた頃、松本の足にダメージが蓄積しひざが折れると後藤選手は右ローに拍車を懸けるが、松本も効いていないと右ハイを蹴ってお返し。接近した所へ右のヒジを何度と無く振るが切るまでには至らない。

4R
後藤選手はパンチで松本を追い掛け回し時折右ローを返し有効的な攻撃である。松本も重いパンチを振るうが単発でダメージにはならない。2分を過ぎた頃パンチから右のヒジで松本は眉間を切られる。ドクターのチェックが入るが試合続行。打ち合いになった所で4Rが終了。

5R
勢いに乗る後藤選手は松本に襲い掛かる。しかし松本も顔面前蹴りや重いパンチで応戦する。勢いは後藤選手にあるが松本にダメージという程の攻撃は与えられない。後藤選手もローに入るパターンがもう一つあると(パンチからローのコンビ、タイミングで蹴るローはあるが、相手が来た時に迎え撃つロー等はない)KOもしくはダウンに繋げられるだろう。松本も左足骨折としては精一杯の試合だった。次回は怪我に注意して欲しい。
(鴇 稔之)
posted by 管理人 at 10:55 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする