2007年07月09日

2007.07.08【ATTACK5】内田雅之

内田1_07.07.08.JPG  内田2_07.07.08.JPG

第11試合セミファイナル◆日泰フェザー級3R
対戦相手:チョンブートン・ゲニワット(元ラジャダムナン・バンタム級王者)
結果:TKO負け(ヒジで額をカット、ドクターストップのため) 内田3_07.07.08.JPG  内田4_07.07.08.JPG

【Toki’sEYE】
1R
今月タイ修行に行ってきたばかりの内田はどこまでムエタイを理解して帰ってきたのだろう。それはこの試合で解るだろう。両者共に静かな立ち上がりだが、内田がコンビネーションで攻めチョンプートーン選手は単発で相手の動きを見ながら攻撃してくる。しかし内田は軸足をすくって転がしたり、パンチから回転バックヒジを出したりとアグレッシブに動く。相手への後々ダメージや、コンビで連打しに行くところをカウンターで狙われたりすることを考えると、もう少し単発の強めの攻撃を増やしたい。

2R
「ローを中心に攻める」と戦前言っていた内田はローの連打から始める。するとチョンプートーン選手もローを返してくる。ラウンド中盤内田がパンチを出した時、チョンプートーン選手は左手で内田の首を掴み右ヒジ一閃!しかし内田もバックヒジで切り返すとチョンプートーン選手は怒りのヒジの連打に。だがこの連打は空を切る。それでも首を掴まれ頭を逃げられないようにされて受けたヒジで既に額は切れており、リフリーストップとなる。内田のムエタイ探求はこれからも続く・・・。
(鴇 稔之)
posted by 管理人 at 10:06 | 2007年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする