2006年12月10日

石井宏樹(2006.12.10 SOUL in the RING IV)

第15試合◆メインイベント 日本ライト級タイトルマッチ
対戦相手:石原裕基(伊原道場/日本ライト級4位)
結果:TKO勝ち(4R 17秒)
※タイトル防衛成功!
SOUL in the RING IV

1石井宏樹_06.12.10.jpg 2石井宏樹_06.12.10.jpg 3石井宏樹_06.12.10.JPG 4石井宏樹_06.12.10.JPG
5石井宏樹_06.12.10.JPG 6石井宏樹_06.12.10.JPG

【Toki's EYE】
今年3月に初対決している両者だがその時は石井が判定で勝っている。見方にもよるが、その時石原選手が石井に切迫していたいう見解もある。それは石井が「やり難かった!」という言葉からも解る。しかし今回のやりにくい原因は既に石井の中では解決済み。この試合に如何に反映されるのか。
1R お互いに右のローを主武器として戦うスタイルだが、石井はパンチを効かせてからの右ローが多く石原選手は何かの攻撃を効かせてからというよりは右のローをドンドン蹴っていくという点で同じ数を蹴ってもダメージ度は違うだろう。石原選手は右に回って自分の攻撃スタイルを作っていくが石井は石原選手の軌道を塞ぐ様にステップするため後半は左に回らされてリズムを失う。
2R 石井のパンチからのローやローからのパンチといったコンビネーションが決まるが、石原選手もローを執拗に蹴り返してくる。石井のローが少し高いので当たる割にはダメージが浅い。終盤には石原選手のアッパーも当たったようだ。
3R 石井のコンビネーションと石原選手のコンビネーションには明らかな違いが出ている。石井のコンビネーションはパンチを当てて気をそらしてからローと上下にダメージがある。それに加えジャブに来た所へ右クロスをかぶせたり、蹴り足を取って軸足を払ったりと、相手に攻撃をさせておいて、それ以上の反撃で精神的に相手を追い込んでいる所が凄い。石原選手のそれにはパンチが殆ど当たっていない為、足にも注意を払えるので上下ダメージがないと言う事だ。
4R 開始早々打ち合う2人だが、石井はローを織り交ぜ上下に注意を分散させたあと、ジャブから右ヒジ一閃、開始僅か15秒ドクターストップで石井のTKO勝になる。試合後、「今までの試合で一番のヒジの感触だった」というとおり一撃で瞼を切り裂き2006年の試合を防衛で締めくくった。
(鴇 稔之)
posted by 管理人 at 21:10 | 2006年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする