2006年12月10日

石井達也(2006.12.10 SOUL in the RING IV)

第11試合◆日本ライト級
対戦相手:マサル(トーエル/日本ライト級2位)
結果:ドロー
SOUL in the RING IV

1石井(達)_06.12.10.JPG 2石井(達)06.12.10.JPG 3石井(達)_06.12.10.jpg 4石井(達)_06.12.10.jpg
5石井(達)_06.12.10.jpg 6石井(達)_06.12.10.jpg

【Toki's EYE】

1R お互いパンチや蹴りを出して何が当たるか手探りの1Rだが石井の左ストレートやインローが小気味よく当たり、マサル選手の攻撃も殆どブロックしている。今日の石井は調子が良さそうだ。
2R 石井の左ミドルや左の前蹴りにペースを掴めないマサル選手を石井は蹴り足を取って転がしたりと更に反撃を封じる。マサル選手は時々蹴る右のインローが当たる程度。石井も色々な攻撃が当たるので、その中から的を絞りダメージを与えてKOを狙うと良い。
3R 石井の左の蹴り、パンチ、ヒジがこつこつとクリーンヒット。そしてマサル選手の攻撃は殆どカットしている。このままいけば問題無く勝利である。しかし判定は30−30のドロー?ジャッジはどこに目が付いているのだろうか、後頭部なのか?ムエタイの判定では28−30で石井だ。まあムエタイではないがキックでも問題なく石井の勝である。
(鴇 稔之)
posted by 管理人 at 19:45 | 2006年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする