2006年10月22日

小原祥寛(2006.10.22 MAGNUM12)

第13試合◆メインイベント 日本フェザー級 王座決定戦
対戦相手:菊地剛介(伊原道場/日本フェザー級1位)
結果:判定負け(2-0) MAGNUM12

06.10.22Ohara-1.JPG 06.10.22Ohara-2.JPG 06.10.22Ohara-3.JPG 06.10.22Ohara-4.JPG
06.10.22Ohara-5.JPG 06.10.22Ohara-6.JPG

【Toki's EYE】

1R
菊地選手はいつも通りパンチや蹴りからローを中心に攻めてくるが、動体視力の良い小原は連打を許さない。単発だが重い蹴りやパンチを返していく小原だがこのラウンドは静かな立ち上がり。
2R
菊地選手が単発ではあるが左右のローキックを多めに蹴って来るが小原のダメージにまでは至らない。対する小原は右ミドルを中心に攻撃するがこれも単発なのでパンチやローに繋げたい。何回かこの蹴り足をとられ転がされるが両者とくにポイントまでにはならない。
3R
前ラウンド同様の展開で菊地選手は左右のロー、小原も左右ミドルという展開だが小原はもう少し積極性というか「痛め付けてやる」的なエグイ攻撃が必要だ。その点、菊地選手はしつこい程左右のローを蹴って来て、上が空けばパンチに、そしてまた下へと効果的な攻撃だ。
4R
菊地選手のローは近い間合いから横を回して蹴って来る為パンチを合わせづらく時々パンチも打って来るので的が張りにくい、しかし小原も右ストレートが入れ、菊地選手がカクッとする場面もあるが、小原の爆発的な攻撃が無い為ダメージには至らない。徐々に菊地選手のペースになりつつある。
5R
後がない小原に客席から小原コールが、これに呼応して菊地コールも。しかしこのコールに応えたのは菊地選手だった、強引に前に入り大回しだが強烈なローを蹴って来る。パンチの届く距離なので小原にも強引な連打を期待したいところだか連打はなかった。両者健闘したがダウンに至らず判定に。2−0でコールは菊地選手。次回、小原には爆発的な攻撃を持ってベルトを手にしてもらいたい。
(鴇 稔之)
posted by 管理人 at 21:04 | 2006年の試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする